LaTeXでパワポみたいなハンドアウト(配布資料)を作る

プレゼンテーションの際にPowerPointではハンドアウトとして1枚の紙に4枚や6枚などのスライドを印刷したものを配ることが多い.BeamerなどLaTeXでスライドを作成している場合も,そういったPowerPointのようなハンドアウトもできればLaTeXで作りたい.そういう時の解決法.

pdfpagesパッケージを使ってスライドのPDF(下記のコードではmain.pdf)を読み込んで配置する.

\documentclass[dvipdfmx,uplatex,a4j,landscape]{jsarticle}  \usepackage[top=12.7truemm,bottom=12.7truemm,left=12.7truemm,right=12.7truemm,landscape]{geometry}
    \usepackage{pdfpages}
    \begin{document}
    \includepdf[pages=-,nup=2x2,frame,noautoscale,delta=5mm 8mm]{main.pdf} %横に2x2の4枚
\end{document}

こんな感じのLaTeX文書を書くと

こんな感じのハンドアウトができる.

簡単に解説すると,\includepdfnupオプションで並べる枚数(ここでは2×2の4枚)を指定し,frameオプションで枠を付け,noautoscaleおよびdeltaオプションで各スライド間の余白を作っている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。